category: ドイツの政治 3  1/3

大躍進 (06.02.2009)

政治家の最大の関心事はなんだろう。別の言い方をすれば、何故、人は政治家になるのだろう。理想を横において現実的に見れば、政治家という職業は、銀行員や公務員のように飯の糧を稼ぐ手段と何も変わらないようだ。卑近な例を挙げてみれば、ドイツの交通大臣は車メーカーのロビイストに、内務大臣はパスを印刷する会社の取締役に、経済大臣は電力会社の取締役に、そして首相は首相の座を利用してパイプを作り上げたガス会社に取締...

  •  0
  •  0

パン屋の親父 V.S. ドイツ政府  (16.12.2008)

ドイツ語には、「潔い」という言葉がない。近い意味を持つ言葉はehrlich(正直)だろうが、潔いとはやはりちょっとニュアンスが異なる。言葉がないからドイツ人は、潔くない、と言うのは言い過ぎだが、負けても負けを認めず徹底抗戦するか、負けを勝利と嘯くのがドイツ流。こういう人をドイツ語で(ein)schlechter Verlierer(退き際の悪い人)と言う。逆に退き際のいい人を(ein) guter Verliererと言うが、あまり見かける事はない...

  •  0
  •  0

マダム No. (09.12.2008)

「政治家の真価は、危機が起こった際の対処で証明されるものである。」とは、かってのシュミット首相の言葉だ。まさか任期の間にそんな危機が起こるとは予期していない頃、国会討論で発した言葉だが、首相在任中にまさにその危機が発生する。テロリストによるルフトハンザのハイジャックでは、直ちに特殊部隊による介入を指示して人質の解放に成功、見事にこの危機を克服した。そして今、新たな危機、経済危機が起きている。製造ラ...

  •  0
  •  0

Die Fantastischen Vier (06.11.2008)

ここで何度か取り上げたヘッセン州の政権争いが新たな頂点(破局)を迎えたので、他の事件を差し置いてますはこれから、紹介してみたい。まずは、Hessen州(フランクフルト空港など、産業基盤のある州。)の政情に詳しくない方の為に過去のおさらいをすると、今年の初めに行われた州選挙で、与党CDUは州知事Koch氏の失言が功を奏して敗北を喫した。しかし野党のSPDもほぼ同じ程度の得票率しか得られなかった(それでも大躍進)ので...

  •  0
  •  0

die Rache ist suess.(復讐の味は甘く。) (27.10.2008)

金融危機で経営難に陥った銀行を救う銀行救済案が国会で承認されたが、、不評だ。Deutsche Bankの頭取、Ackermann氏は、「国から資金援助を請うなど愚の骨頂。」とコメント、暗にこの救済案のボイコットを示唆した。すると残業+早朝出勤をしてこの救済案を成立させた政治家から厳しい非難を受けた。しかし、氏の言う事にも一理ある。この救済案を申請した銀行は、株主へ配当金を出すことを禁じられれる。しかし、配当金の出ない株...

  •  0
  •  0