category: スキャンダル 3  1/3

ドイツ鉄道

何度かここで紹介しているドイツ鉄道(以下DBと略)の活躍、またもや社長のメドン氏が、相も変わらず面白い話題を提供してくれた。これだけ話題提供に熱心な会社はEADSくらいしか見当たらない。今回のスキャンダルも、これまでのスキャンダルに決して劣らない一流物。ドイツ滞在者だけで楽しんでいてはもったいない。是非、日本の方にも楽しんでもらいたい。ドイツの企業では大から小まで、汚職が蔓延している。著者が旅行代理店に...

  •  0
  •  0

ドイツの景気てこ入れ政策。 (07.12.2008)

12月5日、120億ユーロの景気対策が国会を通過、正式な導入が決まった。その内容はすでにここでも紹介した通り、新車を買うと自動車税が節約できたり、アパートのリノベーションを行うと、その費用が年末調整で落とすことができたりと、あまり意味(効果)のない対策で一杯だ。さらにはこの危機の前に決定されていた失業保険の掛け金の減額までも「景気対策」の一環としてカウントされており政府はこの対策に「箔をつける」のに懸命...

  •  0
  •  0

Bahnsinn * (04.11.2008)

No image

この所(面白い)出来事が多くて、毎週更新しても、とてもすべての出来事を紹介できない程。見出しだけでも紹介してみると、欧州議会がシュトラースブルクで開かれる度に、売春婦が付近都市からこの町に大結集、ホテルが大繁盛していることに(女性の)欧州議員が正式に抗議を出した件など、国家によって売春を合法とする国(議員)と違法とする国(議員)の違いがわかって微笑ましい。あるいは、ドイツで最も裕福な女性として有名...

  •  0
  •  0

Soda-Bruecke  (22.09.2008)

ドイツ統一後、遅れている、あるいは全く存在していない東ドイツのインフレを整備する為に、Solidalitatszuschalg(団結金)という新しい税金が創設された。これはドイツにある教会税と同じように、お給料から天引きされる税金で、税率は導入当初、3.75%、その後、7.5%に上昇、現在では5.5%がお給料かた天引きされている。ドイツ人はよく誤解しているが、この団結金は西ドイツだけの住民ではなく、東ドイツの住民にも課せられて...

  •  0
  •  0

環境先進国 (17.08.2008)

ドイツは宣伝が(日本政府に比べて)うまい。どこかで紛争が起きると、一方には武器を売り込み、(双方に武器を売るとアメリカからチェックが入るので)もう一方にはミサイルの攻撃に耐えるシェルターを売り、早く紛争を終えるようび呼びかけて平和の国というイメージを売っている。先週まで戦われたグルジア紛争で、グルジアの特殊部隊が使用した武器は、ドイツ製だが、誰がこれを問題にしただろう。それどころか、ドイツの首相は...

  •  0
  •  0