category: ドイツの経済 3  1/3

ドイツの銀行事情  (04.09.2008)

日本では90年代のバブル経済の崩壊後、銀行が幾つか破綻して、整理統合されたものの、まだまだ地方銀行が数多く存在している。例えば著者の田舎には中国銀行なる名前の銀行があり、これを英語に直すとBank of Chinaになるので 中国の資本かと思ったが、どうも違うものらしい。前置きが長くなりそうなので、話をドイツに持ってこよう。ドイツでは銀行がかなり整理統合されて、一般消費者にはDeutche Bank, Commerz Bank, Dresdner B...

  •  0
  •  0

AUA! *(27.08.2008)

ドイツから休暇に行く際、LTUというドイツの航空会社をよく使用する。(エコノミーの)席の前後の広さ(狭さ)77cmとドイツのエアラインではで一番狭く(ルフトハンザは81cm)、機内サービスはドイツ一般並み、アルコールの飲み物、機内放送を聴く為の(10分もすると耳が痛くて外す事になる。)イヤホンは有料、毛布は向こう側が透けて見えるほど薄々、枕はなし、機内食は空港のケータリング サービスが提供するメニューで一番安い...

  •  0
  •  0

Streiks ohne Ende (08.08.2008)

先週末にやっと地上勤務員のストが終わったばかりのルフトハンザで、再びストが行われている。(お陰で、また残業して記事を更新する羽目に、、。)今回ストを起こしたのは、ルフトハンザの子会社City Lineのパイロット達。雇用者側の5.5%の給与アップ 、及び7000ユーロの特別ボーナスの提案を「真面目に交渉する気がない。」として拒絶、話し合うことさえも拒絶して、8月7日 、0時から一歩的に36時間の時限ストに入った。幸い(...

  •  0
  •  0

無期限スト (26.07.2008)

来たる7月28日(月曜日)0時からルフトハンザ(の職員が)無期限ストに突入する。これによりすべてのフライトがキャンセルになるわけではないが、空港でチェックインなどを行う職員もストライキに参加する為、間違いなく(ドイツの)空港は大混雑になるだろう。月曜日以降にルフトハンザの便で旅行、帰国等予定しておられる方は、早めに空港に出かけて、チケットを代わりのフライトに変更できないか、交渉することをお勧めします。...

  •  0
  •  0

大バーゲン (20.07.2008)

今、株が猛烈に安くなっている。もう1年以上も続く米国を発信源とした金融危機がまだ収まっていない不安定な時期に、原油価格が爆発。去年のこの時期70ドル/樽(バレル)程度で買えた原油が146ドルまで上昇した。その結果、ガソリンの値段は言うに及ばず、食料品、電気代、交通費とほとんどの面で価格が高騰。消費者は出費がかさむので、購入を控え始めた。すると商品が売れないので、企業の売り上げが悪化した。企業の成績が悪化...

  •  0
  •  0