category: スキャンダル 7  1/2

Dicke Freunde (02.08.2016)

国営放送というと、政府に都合のよいことしか報道しない利益代表団体と思えるが、実はコレ、日本だけの特殊な現象だ。勿論、中国や北朝鮮、それにバナナ共和国と呼ばれるバナナが育つ暖かい国の国営放送は、同じく国の指導者に都合のいいニュースしか流していないが、先進国でありながら、国営放送が国の指導者の利益代表団体になっているのは貴重な存在だ。かってブラント首相は、「メデイアの報道が害のないものになったら、退位...

  •  0
  •  0

正しい脱税のやり方 (20.05.2016)

"Dividende"。なんと響きのいい言葉だろう。響きがいいので日本語でもう一度、「ディビデンデ」。一度聞いてだけで覚えてしまう言葉の一つで、日本語の配当金に相当する。貯金してもほとんど利子がつかず、株主優待という思想がないドイツでは、年に一度支払われる配当金が、財蓄の唯一の方法で大きな楽しみだ。しかしその楽しみも、801ユーロまで。この額を超える配当金、あるいは株を売ってこの額を超える利益が出た場合、"Abgel...

  •  0
  •  0

Panama Papiere (11.04.2016)

2008年、脱税天国リヒテンシュタインの銀行から顧客データが盗み出されると、ドイツの税務署は高い金を払ってこれを購入した。数ヵ月後、このデータが原因で有名人が脱税容疑で逮捕された。これを機会に"Tax Heven"と呼ばれる国の銀行ではデータ漏れが止まらない。スイスはデータを買ったドイツの税務署を盗難幇助で、データを盗んだ行員を盗難で訴えたが、全く効果がない。データを盗んでドイツの税務署に売れば一生遊んで暮らせ...

  •  0
  •  0

ドイツ銀行再生なるや? (03.02.2016)

2007年、米国の不動産不良債権に端を発し、2008年に頂点に達した金融危機でドイツ銀行は、不思議と大きな損失を出さなかった。ドイツ銀行は、米国の投資銀行に混じって不良債権を売りまくっていた銀行なので、「結果がどうなるか知っていたので、爆弾が炸裂する前に手放した。」という説もあれば、「大きな損失を隠している。」という説もあり、本当の所は銀行の取締役を除き、誰にもわからなかった。おそらく真実はその両方、すな...

  •  0
  •  0

Olympia Adee (28.12.2015)

2018年に韓国で、2024年には中国、北京でオリンピックが開催される。日本では知られていないが、ドイツはまずは2018年の冬季オリンピック開催に、次いで2024年の夏のオリンピック開催に立候補した。冬季オリンピックに立候補したのはミュンヘンだ。とは言ってもミュンヘンには雪が積もらないし、仮に雪が積もっても東京のように地価の高いミュンヘンの街中にスキー場を作るわけにもいかない。そこでお金持ちがスキーに行くOberamme...

  •  0
  •  0