category: 社会問題 & タブー 3  1/1

politisch korrekt (14.03.2016)

難民がドイツに押し寄せてきたのをきっかけに、ドイツの社会は真っ二つに割れている。去年、財務大臣のショイブレ氏が「雪崩のように」とドイツに押し寄せる難民を描写したことがあった。日本にはオバマ大領を「奴隷の出身」と表現する政治家もいるので、「その表現の何処が悪い?」と思われるだろうが、戦争の災禍を逃れてくる戦争難民を「雪崩よばわり」するのは正しくないと非難された。ドイツでは、"politisch korrekt"(政治...

  •  0
  •  0

売春法改正 (20.02.2016)

建前と本音。往々にしてアジアでは面子を重視するあまり、建前を優先する。ドイツ人は政治家でない限り、"praktischen Nutzen"(実際の効果)を優先する。わかりやすいように実例を出そう。日本の警察が大好きな一時停止線。スピードを落として安全を確認するだけでは不十分で、完全に停止してないと、「道路交通法を守らなかった!」と罰金を課す。「ちゃんと安全を確認したじゃないか!」と言っても、「停止していない。」と耳を...

  •  0
  •  0

Maghreb (24.01.2016)

2015年にドイツにやってきた難民の数は110万人に達した。難民の受け入れを命じられた地方自治体は、あまりの重圧に叫び声を上げている。しかし難民問題を決定する"Bund"(国)、すなわちメルケル首相は問題を軽視しているのか、それとも意地になっているのか、難民の数を制限することを拒否している。難民の到着ルートになっているバイエルン州は、メルケル首相の難民政策を当初から非難しており、「難民受け入れの上限を決めよ。...

  •  0
  •  0

Schuldneratlas  (14.11.2015)

11月8日に"Schuldneratlas"が発表された。"Schlden"は借金、"Atlas"は勢力/分布図という意味だ。この報告によると去年だけで「借金で首がまわらない」という市民の数が19万増えて、ドイツ全土で660万人もの数に上った。すなわち成人10人のうち、一人はこの借金苦の状況にあることになり、過去最悪も数字だ。とりわけ経済基盤の弱い都市ではこの兆候は著しく、かっては造船業で栄えたブレーマーハ-フェンは堂々の首位に君臨、成人...

  •  0
  •  0