category: ドイツの経済 8  1/3

パイロット vs. 客室乗務員 (03.12.2016)

旅行代理店に勤めていた頃、エアフランスの名物と言えばスト。ビジネスで欧州に飛ぶ客には、「エアフランはストが多いですよ。」と警告しておかないと、「ストでフライトがキャンセルになりました。どうしてくれるんですか。」という苦情を覚悟しておかなくてはならなかった。その同じ病気がドイツにやってきた。ルフトハンザのパイロットが構成する労働団体、"Cockpit"は給与アップと早期退職、それに企業年金の改善を要求して201...

  •  0
  •  0

チャンス到来! (15.11.2016)

前の記事で、「これが日本企業のチャンスとなるだろうか。」と書いたばかりなのに、いきなりチャンスがやってきた。悪化する一方の都市部の空気汚染を解消するために中国政府は、木炭を使った露店の営業を禁止するなどの方策を試したが、効果がなかった。「小手先の手段では解決できる問題ではない。」とようやく悟った政府は、「2018年以降、中国で販売する車の8%は電気自動であること。」と共産主義政権ならではの強硬手段に出...

  •  0
  •  0

Made in China (08.11.2016)

日本で高級車と呼ばれる国産車、前から見るとメルセデス、後ろから見るとBMWという恥ずかしいデザインを採用する。デザインという独創性を発揮する箇所で独創性を放棄して、堂々とそれもフラッグシップである高級車に、他社のコピーを採用するのはいかにもアジア。もっともコピーしていない日本車のデザインは、お世辞にも購買意欲を増すものではない。欧州では日本車は「安いから」という理由で買う車で、人気のある車ではない。...

  •  0
  •  0

航空業界再編製 (11.10.2016)

ドイツ第二の規模を誇る航空会社、エアベルリンに巨額の投資を行い同社を破産の憂き目から救っていたエア エチアドの我慢の緒がついに切れた。アラブ人は、幾ら金を与えても一向に厚生しない駄目息子のエアベルリンを、ばら売りすることにした。こうしてドイツの航空業界は再編成に向けて一気に動き出した。航空業界の再編成と言えば、欧州最大の航空会社であるルフトハンザをなしには語れない(注1)。以前ここで紹介した通り、...

  •  0
  •  0

Milch ohne Ende. (03.10.2016)

去年まで欧州には"Milchquote"(牛乳量制限)があり、欧州各国が生産してもいい牛乳の上限が決まっていた。これは本来、牛乳が大量にされて値段が下落、酪農家の経済破綻を防ぐ目的で導入された。この制度が導入された80年代はまだ効果があったのかも知れないが、21世紀になってからはこの制限にもかかわらず牛乳の値段が下落を始め、酪農家の間で生き残り競争が始まった。小さな酪農家は採算が合わず、潰れるか、大型経営の農家に...

  •  0
  •  0