archive: 2014年02月  1/2

外来者 (25.10.2013)

企業にとって死活的に重用なのは、仕事の受注。受注交渉では、その技術の高さも大事だが、道路の工事、電車、エレベーターの納入などの分野では、何処の先進国も同じようなレベルにあり、技術上の優位だけで契約を取るのは難しい。日本のエレベーター、道路、橋は世界最先端の技術にあるが、欧州で日本製のエレベーターを見かけた事はほとんどない。「世界で最先端の技術」だけでは、受注できない実例である。こうした日本企業を横...

  •  0
  •  0