29,2015 "Dicke Bertha" (26.01.2015) READ MORE

"Dicke Bertha" (26.01.2015)

2007/8年に起きた金融危機がきっかけで世界景気が低迷した際、「米国は一番リベラルな政策を取るので、危機から脱出するのも一番早いと言われている。」と紹介した。まさにこのセオリーを証明するように、オバマ大統領は1月21日の一般教書演説にて、「危機は終焉した。」と宣告した。手に負えない事故を起した原子炉の残骸を、「すべて制御されている。」と平気で言ってのける某国の首相と違って、オバマ大統領の場合は、この言葉...