Eurofighter  (16.11.2004)

ドイツ政府は2003年に戦後最大規模の軍備計画を承認した。それは一機80億ユーロ(邦貨にして110億円!!)もする戦闘機、その数なんと180機の購入を国防大臣がサインするというもの。この戦闘機の名前がEurofighterと言うのですが、これはスペイン、イギリス、イタリア、ドイツの政府が共同開発して、それぞれの国が必要に応じて、この戦闘機を注文するという形で20年も前に始まった計画だった。その後、どこの国がどの部分を担当するか、どこの工場で組み立てるか、何処の国に武装を注文するか、揉めに揉め、20年目にしてやっと戦闘機が完成に至った、いわくつきの代物。

しかし、戦闘機が完成したのはいいけれど、問題は、20年もかかったので、当初の予算の3倍近くにも製造費が膨れ上がってしまった。オイロファイターを注文していた政府内では、そんな高い戦闘機を買わないで、安いソ連製の戦闘機を買ったほうが税金を節約できるという話もあったくらい。しかし、この合併事業には膨大な研究費用を費やしており、注文をキャンセルされたのでは、この飛行機を生産した会社(EADS)にとってははたまったものではありません。それにEADSはドイツとフランス政府が出資して作った、言うなれば国有の軍事産業。自国の製品に、「それは高すぎる!」と注文をつけるわけにもきません。又、政治家にしてみれば、自分のお財布から払うのではなく、所詮は税金なので値段はそれほど大事ではありません。こうして今回、EADSは国防大臣から180機の注文書にサインをもらう事ができました。サインをした国防大臣は、自分の任期中に戦後最大規模の軍備計画がサインされる事に陶酔していましたが、この軍備計画ほどお金を無駄にする計画もありません。

まず、オイロファイターの開発の元になるデータ、目標が20年も前に設定されたものなので、出来上がった戦闘機は10年前なら世界最新鋭だったかもしれないが、21世紀になってはオイロファイターより優れた戦闘機がすでに存在しています。例えばロシア製のSU27はオイロファイターと同等、あるいはそれ以上の性能を有しいるだけでなく、安い。おまけにすでに実戦配備が終わった戦闘機で、いつでも実戦投入が可能。アメリカは超モダンな戦闘機F22を配備中で、オイロファイターとは比較にならない能力を持っています。しかも値段はオイロファイターとほぼ同じ。なのにとりわけ性能が優れているわけでもない戦闘機を高い金を払って装備するなんて、その本当の意味は、税金を使用しての自国産業の育成以外に考えられません。ゆくゆくは、オイロファイターの性能を上げて、紛争の係争国に輸出してお金を儲ける事を考えてのこの決定でしょうが、そう上手くいくものかどうか。

まず当初ドイツ空軍に納入されたオイロファイターは、故障ばかりで計画の50%以下の飛行時間しかこなせていない。電気系統が弱く、飛行中に搭載のコンピューターが「逝ってしまい」、瞬時にブラックアウトが生じるなど、トラブルは深刻だ。実際にスペインでは2002年、エンジンの作動不良によりオイロファイターが墜落している。これらの故障の元をつきとめて、実際に実戦配備になるのはこの3~4年先というから本当に気が長い計画だ。やっと電気系統のトラブルが解消されたかと思えば、2010年にはパイロット脱出のカタプルト装置で故障が見つかった。スペインにてパイロットの訓練中、離陸直後にエンジントラブルが発生、オイロファイターは操縦不能になった。教官は緊急脱出を指令、自身は無事に脱出したが、パイロットを座席に縛り付けているベルトが外れてしまい、見習いパイロットは座席から放り出されてしまった。言うまでもなく、見習いパイロットは死亡。この事故が起きてから、欧州に配備されているオイロファイターには、離陸禁止令が出された。導入されてからもう6年も経つのに、一体、いつになったらちゃんと機能するのだろう。

オイロファイター配備をさらに高額にしているのが、そのおかしな契約内容。納入された戦闘機に欠陥があった場合は、戦闘機を購入した国の負担で修理を行なう事になっている。普通「新車」を買えば、最初の2~3年は保障が付くもの。なのにドイツの国防大臣は、一機80億ユーロもする飛行機を買いながら、保障期間さえも求めなかったのだから、その思慮のなさには恐れ入る。こうして製造元のEADSはドイツ政府に修理費を払わせて、オイロファイターを開発する事が可能になった。ドイツ政府はEADSの株を30%保有しているので、いうなれば大株主。株主が会社(EADS)の利益になるように契約を結ぶのは、当たり前かもしれないが、結局、このツケを払うのは国民である。SU27でも買っておけば安くて済んだのに、、。

03.jpg
欠陥の多いEurofighter
ドイツ軍はTyhoonと命名した。
04.jpg
ロシア軍の新鋭戦闘機SU27

スポンサーサイト

Comment 0

Leave a comment