大統領を探せ! (19.11.2016)

ドイツにも大統領が居る。もっとも実権がないので、悪く言えばただの飾り。日本人と違って現実的なドイツ人は、「金がかかるだけ。大統領なんて要らない。」と言う。まったくその通りだが、政権にある政党がこの制度を擁護しているので、なくなることはなさそうだ。ドイツの大統領は、オーストリアと違って国民投票ではなく、国会議員の投票で決まる。すなわち国会で過半数を持っている政府与党の推す候補が、大統領に就任することになる。なのに野党は大統領に独自の候補者を立てる。日本人だと「チャンスがないのに、どうして大統領の候補者指名を受けるの?恥をかくだけじゃない」と思う。ところが大統領候補というだけで「15分の名声」を享受することができるので、勝ち目はないのに野党の指名を好んで受ける。案の定、投票で負けるが、顔が売れる。その後、テレビの討論番組などに招待されるので、負けても十分なリターンがある。

問題が発生するのは、今のようにCDU、 CSU、そしてSPDの連立政権の場合だ。各党が独自の候補を挙げるので、大統領選抜は揉めに揉める。実権がない大統領なのでもっと現実的に考えてもいいものだが、政治家は面子を重視するので、いろいろな画策を用いて独自の候補を大統領に就任させようとする。前大統領が収賄疑惑で辞任を余儀なくされた際、SPDは東ドイツの牧師で人権運動家のGauck氏を大統領に推した。CDU, CSUはこれに反対して財務大臣を大統領に就任させようとしたが、SPDの猛反対をくらった上、本人が、「ごめん蒙る。」と言い出したため、推す候補がないという間抜けな状況に陥った。誰かを大統領に推すなら、本人に就任する気があるかどうか、先に聞くべきだった。メルケル首相はSPDの推す大統領候補に不満で、独自の候補者を探す努力を続けたが、SPDの推す候補よりも適任者が見つからなかった。そこで歯軋りしながら現職のガウク大統領に同意した経緯がある。

そのガウク大統領が、高齢を理由に任期を延長する気がないことを半年前に告示した。「半年もあれば、候補者を見つける十分な時間がある筈だ。」という酌量にもかかわらず、メルケル首相はまたしても大統領候補探しを先送りした。連立政権のSPDと、「共同で候補者を探す。」という口約束を交わしていたので、CDU/CSUが独自の候補者を探すまでSPDが勝手な行動を取ることはないと、すっかり安心していた。ところがSPDの党首のガブリエル氏は、この協定にもかかわらず、「外務大臣のシュタインマイヤー氏が適任だ。」とメデイアに語った。この一歩は、あまり賢くない通産大臣の見事な一手だった。

というのも2017年の総選挙で、同氏は首相候補として立候補したい。ところが党首兼通産大臣のガブリエル氏よりも、外務大臣のシュタインマイヤー氏、あるいはEU委員会長のシュルツ氏の方が人気が高く、「首相にふさわしい。」と言われている。早い話が、「ガブリエル氏は首相の器じゃない。」という意見が支配的で、党内での人気も低迷しており、このままでは次期首相候補に指名されるか、微妙な立場にある。ここで大統領探しが始まった。同氏は、「シュタインマイヤー外務大臣を大統領にすれば、ライバルが一人消える。」と考えた。これが成功すれば外務大臣のポストが空く。ここでシュルツ氏を外務大臣に就任させれば、一石二鳥でライバルを二人とも除去できる。この見事な策略があったので、同氏はCDU/CSUとの取り決めがあったのもかかわらず、シュタインマイヤー氏を大統領に推すという手段に出た。間違っても、同僚思いの行動ではない。

先回の失敗から何も学んでいないCDU/CSUは、ガブリエル氏の勝手な行動に大いに憤慨したが、時遅し。「不満なら独自の候補者を上げよ。」とガブリエル氏が言うと、CDU/CSUは大いに困った。まだ候補者を全然探していなかったのだ。困ったCDU/CSUはまたしても財務大臣のショイブレ氏の名前を出したが、氏は「Bellevue(大統領のお城)で何をすりゃいいんだ。」と憤慨して、断った。次に国会議長の名前を挙げたが、議長は固辞した。CDU/CSUは最後には連邦銀行総裁の名前まで出して抵抗したが、世論、そして野党の支持は明きからにシュタインマイヤー氏に流れており、今更新しい名前を出しても勝ち目が全くないことを悟った。こうしてCDU/CSUはまたしても歯軋りしながら、SPDの推す大統領シュタインマイヤー氏を推すことに同意した。まさしく、「歴史は繰り返す。」という通りだ。連立与党は国会で圧倒的な過半数を持つので、同氏が病気にならない限り、同氏の大統領就任はほぼ確実だ。


EU議会で祝福を受けるシュタインマイヤー氏。
582.jpg

        
編集後記
2017年2月12日、シュタインメイヤー氏は1回目の投票で過半数を獲得して、大統領に選出された。今後、3月18日に正式に大統領に就任することになる。政治家と言えば日本でもドイツでもおおきなヘマをしでかすか、おかしな失言をしてお笑いの対称になるものだが、同氏だけは長い政治家のキャリアでほぼ、そのようなことがなかった珍しい政治家の一人だ。首相にこそなれなかったが、同氏の政治家のキャリアの最後を飾ることになりそうだ。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment