器じゃない (31.01.2017)

記事はこちらで掲載しています。


首相候補を断念したガブリエル氏。
589 (1)


SPDの希望を一身に担うシュルツ氏。
589 (2)
編集後記
SPDの党大会でシュルツ氏は前人未到の100%の賛成票で党首兼、首相候補に選出された。このイケイケムードでSPDの人気が急上昇、支持率が10年ぶりに(ほぼ)30%に達した。もっともCDUの支持率はそれでも32%と、SPDを未だに上回っている。さらに悪いことに、支持率はその後、降下傾向になっており、メルケル第4期政権のほうが現実的だ。半年でこの事態を変えるような事態が発生するのだろうか。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment